ブックタイトルうずまき総合カタログ vol.7

ページ
162/264

このページは うずまき総合カタログ vol.7 の電子ブックに掲載されている162ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

うずまき総合カタログ vol.7

157慶弔用品慶弔用品細形金封キ267 300 円ラメ入金封 御祝ラメ入檀紙 赤白5 本花結寸法/ 95×180 ㎜出荷単位/ 5 枚キ268 300 円ラメ入金封 寿ラメ入檀紙 金銀7 本あわじ結寸法/ 95×180 ㎜出荷単位/ 5 枚キ269 250 円檀紙金封 御霊前檀紙 双銀7 本あわじ結寸法/ 95×180 ㎜出荷単位/ 5 枚出荷単位/ 5 枚キ270 250 円檀紙金封 御霊前檀紙 黒白7 本あわじ結寸法/ 95×180 ㎜婚礼関係によく使われる表書き①挙式前に渡す場合が多い寿の文字には幾久しいめでたさを祈るという意がこめられている結婚式だけでなく祝事一般に使うが目下の人にはさけること御慶と同じように祝事に使用されるが年長者には失礼にあたる餞別の意味で嫁ぐ人に贈られることもある四文字を「死文字」として忌むことがあり、あまり使わない方がよい挙   式御結婚御祝 寿 御慶御歓 贐 祝御結婚はなむけぎょけいおんよろこび婚礼関係によく使われる表書き②結納から挙式にさいして仲人への謝礼の金包みに使用結納の受け渡しの後に仲人の労を料理でねぎらう代わりの金包に使用仲人のほかに世話になる人への心づけに使用形式的な仲人を依頼したような場合に使用式の当日などに世話になる目下の人への心づけに使用仲   人御礼酒肴料御祝儀 寿 寸志しゅこう水引きの使いわけ水引の結び方は大きく分けて、結び切りと花結びに分けられます。●婚礼関係や弔事には、二度と繰り返さないという意味で必ず結び切りの水引を用います。●一般的な慶事や、何回あってもよい祝い事には花結びの水引を用いるのが一般的です。●お見舞いや、御餞別などはその状況により水引の使い分けが必要です。弔事は悲しみを流すようにと上の折り返しを上側にして重ねるのが一般的な習慣です。祝事は福を受けとめるように下の折り返しを上側に。