ブックタイトルうずまき総合カタログ vol.7

ページ
197/264

このページは うずまき総合カタログ vol.7 の電子ブックに掲載されている197ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

うずまき総合カタログ vol.7

192慶弔用品慶弔用品● 製品の仕様・デザイン・価格は予告なく変更することがありますのでご了承ください。冠婚葬祭によく使われる表書き地方、慣習によっては異なる場合もあります。食事代としてのお礼に、又飲食をともなった招待をされた時に使われる表書きです。水引は花結び又は白無地の袋を使うのが一般的です。病気やケガが治った時にするお祝い事の表書きです。水引は結び切りを使うのが一般的です。お祝い事全般に使われる表書きです。表書きの右肩に御出産、御結婚等の肩書きを入れる場合もあります。水引は婚礼関係は結び切りそれ以外の慶事には花結びを使うのが一般的です。お礼事に関し全般的に使われる表書きです。水引は婚礼関係は結び切りそれ以外の慶事には花結びを使うのが一般的です。お祝い事やお見舞いのお返し時に使われる表書きです。表書の右肩に出産、結婚、全快等の肩書きを入れる場合もあります。水引は婚礼関係は結び切りそれ以外の慶事には花結びを使うのが一般的です。よろこび事全般に使われる表書きですが、主に婚礼関係によく使われます。水引は婚礼関係は結び切りそれ以外の慶事には花結びを使うのが一般的です。葬儀、法要のお返しや仏前へのお供物、僧侶へのお礼に使われる表書きです。僧侶へのお礼には水引のない白無地の袋を使うのが一般的です。お礼や心づけに用いられる表書きですが目上の人には使わないのが普通です。水引は花結びか白無地の袋端に紅をのぞかせた袋がよく使われます。病気、災害等の相手の不幸を見舞う場合は、白無地か、端に紅をのぞかせた袋を使うのが一般的です。陣中見舞いなど相手を励ますものは、花結びを使う場合もあります。転勤や遠くへ旅立つ人に、別れのしるしに贈るときの表書きです。水引は花結びか、端に紅をのぞかせた袋を使うのが一般的ですが、結び切りの水引を使う場合もあります。タクシー代、電車賃などの交通費を、お礼にするときの表書きです。白無地の袋か、端に紅をのぞかせた袋を使うのが一般的です。祝意を表わすために贈るときの表書きです。芸人や職人への心づけにも用います。水引は花結びか小型ののし袋を使うのが一般的です。一般に葬儀、法要の時のお供え物に使われる表書きです。お寺や僧侶へのお礼に使われる表書きで、白無地の袋か、半紙に包んで表書きを書くのが一般的です。仏式の法事等の表書きに使われるのが一般的です。(故人が目上の場合)格式ばらずに、法要の当日以外に弔意を表す時に使われております。一般に仏式のお通夜、告別式の時に使われる表書きです。(故人が目上の場合)宗教に関係なくほとんどの葬儀に使われる表書きです。仏式以外の葬儀には蓮の模様の無い袋が使われます。しゅこうりょうかいきいわいおいわいおんれいうちいわいことぶきしすんしおみまいおせんべつおくるまだいごしゅうぎおそなえおふせごぶつぜんおこうりょうおこうでんごれいぜん